三井温熱ケアシステム

【浅草店fb】[交感神経が緊張してしまう理由]

[交感神経が緊張してしまう理由]

交感神経が緊張しっぱなしになると、筋肉内の血管も緊張しその結果、酸素と栄養が不足します。

「酸素と栄養が不足した筋肉」に、長時間に及ぶデスクワークや過度の不規則な姿勢、精神的な緊張などのストレス(ストレッサー)が加わることで痛みやだるさ、しびれなどの不快を感じることになるのです。

首や肩の筋肉のコリに影響する交感神経の過緊張、なぜ交感神経が過緊張を起こすのか?

その理由の大きな原因になるのが頚椎(首の骨)の関節に生じる変形などの問題です。

これは整形外科の診断においては当たり前のことなのですが、一般の方たちは意外と知りません。

原因が特定できなければ、「筋肉を揉むやら温めるやらの方法」に頼ることになります。

もちろんそれでも楽になるでしょう。でも

「本当にスッキリ楽になる」というところまではいきません。

頚椎(首の骨)はビルを支える鉄骨とは違い、柔軟性があります。

柔軟性を保ちながらも、あらゆる方向に対して重い頭を支えることができます。

それは関節というものが存在するからです。

しかし「頚椎の関節はもともとの骨の形状や生活習慣により、個人差はありますが老化して変形してくるものなのです」

膝の関節や股関節が老化してくると痛みを起こすのと同じようなことが首の骨にも起こるのです。

「関節に異常が起こるとその部分に軽い炎症が生じてその結果交感神経が過緊張になっ

てしまいます」

次回は[肩コリというより首コリ]と題しての投稿になります。

よろしくお願いいたします。