三井温熱ケアシステム

   《びちっと熱い温熱》

   《びちっと熱い温熱》

その女性は60代後半のパワフルな人だった。
しかしその日は顔色も悪く、いかにも疲れたような様子だ。
なんでも朝早くから夜までお客様の相手をしていてそれが三日も続いたという事らしい。
あらゆる健康法に精通した彼女は忙しい合間に整体やマッサージを受け、健康食品などを口に入れることで身体をもたせてきたと語っていた。
やっと時間が空き、この浅草施術所にたどり着いたのだった。
私は他の患者さんを担当していたので施術の内容は定かではない。
かなり熱がっていたので当院の基本的な温熱施療を受けたのだろう。
終わった時の彼女の顔をみて、いまさらながら驚いてしまった。
顔色は桜色になり、声は明るく力に溢れ、体がキビキビと動いている。
「あー、軽くなった!やっと抜けたー!」
何が抜けたのかよくわからないけど、とにかくさっきとは別人のように元気になってしまったのだ。
「やっぱりびちっと熱い温熱は効くね!」大きな声で彼女は言った。
当然である。
「びちっと熱い温熱」だからこそ、萎(な)えた身体を復活させるだけの力を持つのだ。
それこそが浅草の温熱なのだから・・・・・

477e4bcb91805f8d96ca