三井温熱ケアシステム

肩コリにもお尻の筋肉が大事

肩コリにもお尻の筋肉が大事

今日は肩こり頚こりの患者様が多かった。

日々、デスクワークが主体の方だから、肩、首(頚)はもちろん掌(てのひら)の筋肉も診る必要がある。指を使いすぎると腕がこり、それも大いに肩こり頚こりに関係するからだ。

そしてこの日もお尻の筋肉である大殿筋(だいでんきん)を最初に弛(ゆる)めることとなった。

これはきちんと患者様に説明する必要がある。

「肩こり頚こりをなんとかしてほしいのになんでお尻よっ!!」

なんてことにならないためには、きちんと説明して理解してもらうことだ。

「あなたの、そのどうにもならないなんともならない辛い痛みには、お尻の筋肉もしなければならないんです」

肩と頚だけ触っても、患者様は楽になられます。しかしどうしても症状の「戻り」が早く、なるべく少ない回数でどんどん良くしたいという私たちの願いは叶わない。

お尻(臀部)の一番表面にある大殿筋(だいでんきん)は間違いなく肩コリの原因筋であり、診る必要があるのです。

6641f25f35e477866b8a