三井温熱ケアシステム

みんなの内臓・・・「へとへと」です

みんなの内臓・・・「へとへと」です

ある時はここでゲリラ豪雨、そしてあそこでは雷発生。
さらっと降ってくれると雨もいいが・・・・・・そう思いどおりにはいきません。

さて温熱の話です。

筋肉のコリや関節の痛みなどの解消は、温熱療法以外にも優れた療法があります。

しかし、こと内臓の不調や内臓の機能低下を原因とする夏の疲れには、やっぱり「熱刺激療法」が力を発揮してくれます。

この異常な暑さは、心にも身体にも大きなストレスとなり、自律神経の正しい働きを損ないます。

すると内臓は動きが悪くなり、胃腸など消化管の血流が低下して夏なのに胃腸は冷えるということになります。

冷えた胃腸に冷えた飲食….これではますます胃腸は働けません。

働けない胃腸や腎臓、肝臓。

それでも食べ物を消化吸収し、24時間休まず汚れた血液を濾過し、アルコールや添加物などの化学物質を解毒する。

内臓が疲れると人間もまた、同じように疲れを感じることになります。

「温熱の熱刺激」は、そんな内臓さんたちの救世主となるでしょう。

8203ad81edfa2ecf0947