三井温熱ケアシステム

恒常性(こうじょうせい)の維持と温熱療法

恒常性(こうじょうせい)の維持と温熱療法

人は体温を保とうとする。

人は胃腸の調子を保とうとする。

人は身体に毒を蓄積させまいとする。

人はガンなどの異常細胞を発生させまいとする。

・・・・・・まだまだたくさん・・・・。

いろんな高度な機構を生物は、特に人は備え健康を維持するシステムを備えている。

様々な肉体的精神的ストレスをくらいまくっても、その高度な「恒常性維持機構」は壊れない。

しかし立て続けに添加物のパンチをくらい続け、精神的ダメージを溜め込み、本人は気づきにくい(がんばれる人は特に・・)肉体的ストレスを蓄積すれば、この「高度なシステム」も破錠する。

様々な病気、(時には命に関わるような)腰痛、腕が上がらない、ばね指や腱鞘炎なども「恒常性維持機能」の破錠(維持できなくなること)が原因であることが多い。

免疫の異常反応、低下、筋肉の回復反応や維持なども正しく行われなくなる。

痛みや痺れなどは、神経細胞の異常な状態を反映している。

なぜ「高度な恒常性を備える機構」が異常になってしまったのか?

そこを深く考えることからすべてが始まるのだ。

0e9b302dfa711557051c